お肌の状態が知りたくてスキンチェッカーを買いました

最近はスキンケアのトライアルセットやサプリメントなどを飲んだりしたので、お手入れを疎かにしていた以前よりはお肌の調子が良くなった気がします。

でも、良くなった気分だけではスキンケアやサプリの成果が分かりづらいし、実際の自分のお肌状態を知りたくて、スキンチェッカーを買いました!

スキンチェッカーセットこちらのスキンチェッカーでは、「肌水分」「肌油分」「肌弾力」がチェックできます。

スキンチェッカー専用のスタンド付きなので立てて置けるのが嬉しいですね。

スキンチェッカーフタを開けたらこんな感じ。

スキンチェッカーこの2つ出ている測定部位(プローブ)を測定したいお肌の場所に押し当てます。

スキンチェッカー液晶部分はこんな感じ。

上が水分値、下が油分値です。

10段階とかではなく、パーセンテージで測定してくれるので分かりやすいです。

スキンチェッカーさっそく、メイクの上からですが私の左頬で測定してみました。(本当は素肌でチェックするそうです)

頬の水分値は34.8%、油分値は23.3%、弾力性はなしです💦

頬の水分値の正常値は40~60%とのことなので、うるおい不足ということでしょうか。

油分の正常値は16~22%が潤った肌油分、23~33%が一般的な肌油分、34~63%は油がちの肌質となっていました。

私の油分値は一般的ということですね。

ちなみに弾力性がありの場合は、%の表示のにニコちゃんマーク☻が表示されます。

私は%の表示のに残念そうな顔のマークなので弾力性はなしなのです。

スキンチェッカー水分値が少なかったり、油分値が多かったりすると、液晶部分が赤で表示されます。

「警告」という意味でしょうか。

ちなみにこちらの写真は、娘の脚(すね)の部分での測定です。

子どもたちが面白がって、いろんな部位で測定していました(笑)

スキンチェック後のお手入れ

  • 水分値が少ない場合⇒ 化粧水等でしっかりと水分補給
  • 油分値が多い場合⇒ ていねいな洗顔で皮脂をしっかりと落とす
  • 油分値が少ない場合⇒ クリーム等で油分を補う
  • 弾力性がなしの場合⇒ コラーゲンを積極的に摂取する

以上のような感じで、これからは朝の洗顔後や夜のお風呂上りにスキンチェックを行って、お肌の状態に合ったスキンケアをやっていきたいと思います。

コラーゲンって大事なんだな。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*