【あなたはどのタイプ?】肌質をチェックする方法

おはようございます★トモミです。

早いものでもう9月。

朝晩の空気も秋らしくなってきましたね。

 

今回のテーマは

★【あなたはどのタイプ?】肌質をチェックする方法

です。

 

季節の変わり目になると、「お肌の調子があまりよくない…」と感じる方も

いると思います。

そんな時は自分の肌質に合ったケアをすることが大切。

今回は、簡単に自分の肌質をチェックできる方法を紹介します♬

肌質を決めるカギ

「乾燥肌」「脂性肌」「普通肌」ってよく聞きますが

そもそも肌質って、どうやって判断するのでしょうか?

肌質を決めるカギは「水分量」と「皮脂量」です。

お肌の「水分量」と「皮脂量」のバランスで、4つの肌質に分類できます。

 

肌質は4つに分かれている

私たちの肌質は、お肌の水分が多いか少ないか、皮脂が多いか少ないかで

4つのタイプに分けることができます。

★水分も皮脂も少ないタイプ・・・「乾燥肌」

★水分も皮脂も多いタイプ・・・「脂性肌(オイリー肌)」

★皮脂が多くて水分が少ない・・・「乾燥脂性肌(インナードライ肌)」

★水分が多くて皮脂が少ない・・・「普通肌」

最近は、皮脂が多くて水分が少ない「乾燥脂性肌(インナードライ肌)」の人が増えているそうです。

 

肌質のチェック方法

私たちの肌質は「水分量」と「皮脂量」のバランスで

4つのタイプに分かれることは分かりました。

では、自分のお肌はどのタイプなのかどうやって判断すればよいのでしょうか?

あなたのお肌はどのタイプ?肌質のチェック方法

肌質のチェックは、朝、ぬるま湯のみで洗顔した後の頬の状態で判定します。
実際に触れてみてチェックしてみましょう。

★皮脂がういてベタッとしている・・・脂性肌(オイリー肌)

★皮脂でベタッとしているけど、カサつきも感じる・・・乾燥脂性肌(インナードライ肌)

★ベタつきやカサつきがほとんどない・・・普通肌

★カサカサしてつっぱった状態・・・乾燥肌

肌質のチェックを額ではなく頬でする理由は、

ほとんどの人は頬があるUゾーンより額があるTゾーンがオイリーなのが普通です。

額よりも頬の方がデリケートで、ケアの影響を受けやすいので

肌質チェックも頬の部分でやりましょう。

 



 

あなたの肌質は一生同じではない

人のお肌はホルモンの影響を受けています。

そして年代ごとに肌質は変化するのです。

 

【美肌になる方法】近道は女性ホルモンとうまく付き合うこと

 

10代後半~20代前半

男性ホルモンの分泌が活発になるので、オイリー肌に傾きやすいです。

言われてみれば、中学時代にたくさんニキビができていたのを思い出しますねー。

20代後半~30代前半

水分量が減り始めるけれども皮脂量はまだ減りません。

ベタつきもカサつきも感じる「乾燥脂性肌」の人が増え、

大人ニキビに悩まされる人も出てきます。

30代後半~40代前半

水分量がさらに減り始めます。

お肌はますます「乾燥肌」傾向に(-_-;)

今の私はこの年代です。

40代後半~50代前半

水分とともに皮脂量が減ってきます、

多くの人が「乾燥肌」になってきます。

 

こんな感じで、個人差はありますがお肌は刻々と変化しています。

気に入った化粧品をずっと使い続けるのもいいですが、

定期的にお肌のチェックを行い、使用する化粧品を見直した方が美肌に近づきますよー✨

 



 

まとめ

いかがでしたか?

私たちのお肌は4つの肌質に分類できることが分かりましたね。

もちろん、同じ年代でも各個人差はあります。

自分自身のお肌と向き合い、定期的にチェックを行うことで

おのずと必要なケアが見えてきますね。

次回は、各肌質別の特徴とお手入れ方法を紹介します!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*