【美肌になる方法】近道は女性ホルモンとうまく付き合うこと

こんばんは★トモミです。

今回のテーマは

★【美肌になる方法】近道は女性ホルモンとうまく付き合うこと

です。

 

「女性ホルモン」という言葉。

誰もが聞いたことがあると思います。

 

「確かに聞いたことはあるけど、女性ホルモンと美肌に何の関係が?」

と思ったそこのアナタ!!

 

女性のお肌の調子はホルモンのバランスで左右されているんです。

 

「最近、お肌の調子が。。。若いころとは違うよね。。。」

と諦めかけている方も(私のこと!?笑)

女性ホルモンとうまく付き合うことができれば

あなたのお肌もプリプリの美肌になっちゃいますよー✨

 

【女性ホルモンの増やし方】身近な食べ物で美肌になる

 

女性の肌とホルモンの関係

あなたは「生理前になると吹き出物ができたりしてお肌の調子が悪い」

と感じたことはありませんか?

実はこれ、女性ホルモンのバランスの変化でおきていることなのです。

ということは、毎月、女性のお肌はホルモンの影響を受けているということですね。

 

年代によってもホルモンバランスは変化します。

そしてお肌の機能は老化していくのです。

なので、毎回同じお肌のケアではいいとは言えません。

その時のお肌の状態や肌年齢に合わせたケアが必要になります。

そうすることでシワやたるみ、シミなどの予防となり

キレイな美肌をキープできるのです。

 

2種類の女性ホルモン

「女性ホルモン」と一言でいっても

2種類の女性ホルモンがあります。

卵胞ホルモンの「エストロゲン」

黄体ホルモンの「プロゲステロン」です。

 

若さを保つホルモン「エストロゲン」

エストロゲンは、生理後に分泌が増えてきて

お肌にみずみずしさを与えたり

お肌を安定させる作用があります。

 

生理後に痩せやすくなってダイエットに成功したり

お肌の調子が良くなったりするのは

エストロゲンの分泌量が増えているからだったんですね。

 

妊娠を助けるホルモン「プロゲステロン」

プロゲステロンは生理前に分泌が増えてきて

皮脂分泌が多くなったり、ニキビやシミ

イライラやむくみの原因になる女性ホルモンです。

生理前のイライラやむくみはコイツのせいだったのかー(# ゚Д゚)

 

でも、プロゲステロンは悪いことばかりではなく、

妊娠・出産のためには必要不可欠な存在です。

 

エストロゲンで若さをキープ

女性ホルモンの中で、卵巣から分泌されるエストロゲン。

このエストロゲンは、お肌のコラーゲンや水分量を増やす働きがあるので

若さをキープするコラーゲンと言われています。

このエストロゲンの分泌は、思春期から増加していき

20代にピークを迎えます。

その後、30代後半から徐々に減少していき40代からガクンと減少。

このエストロゲンの分泌量によって、お肌は変化していくのです。

個人差はありますが、それぞれの年代を意識してスキンケアを変えていくと、

美肌をキープできるということですね。

 



 

アラフォーはプレ更年期

私たちアラフォーはエストロゲンの分泌量が減り

エイジングサインが目立ち始めるころです。

悲しいことに、肌の弾力を保つコラーゲンも減少していきます。

コラーゲンが減少すると、毛穴が開いたりシワができ始めます。

肌のターンオーバーのスピードも遅くなってくるので

くすみやゴワつきも感じやすくなる時期です。

まさに「プレ更年期」。

私たちアラフォー世代は自分のお肌をよく観察して、

お手入れすることが大切ですね。

 



 

まとめ

いかがでしたか?

私たちのお肌は、女性ホルモンの影響を受けて変化しているのが

分かっていただけましたでしょうか?

残念ながら、女性ホルモンの減少をストップさせる方法はありませんが

各年代でのホルモンの状態やお肌のサインを理解して

正しいスキンケアを行えば美肌を目指せます。

女性ホルモンとうまく付き合いながら、キレイママになりましょう✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*